ビタミンCと誘導体の違い|スキンタッグを予防して綺麗で健康的な肌を手に入れたい
植物

appsなどの有効成分が配合された化粧水を選ぼう

化粧水はどう選ぶ?

肌の健康状態を良好に保つために化粧水は欠かすことのできないスキンケアアイテムですが、選び方を間違えてしまうと逆に肌に悪影響を与えてしまいかねません。そこで化粧水選びを失敗しないために知っておいてほしいいくつかのポイントを紹介していきたいと思います。

化粧水を選ぶときの重要ポイント

肌の質にあったものを選ぶ

人間の肌には普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌というようにたくさんの種類があります。また、同じ乾燥肌でも乾燥の具合は人によって異なりますし、脂性肌でも分泌される皮脂の量は人によって異なります。なので、化粧水を選ぶときは自分の肌の状態を確認してから肌質にあったものを選ぶようにしましょう。

成分を確認して選ぶ

化粧水に含まれている成分も化粧水を選ぶうえで大切なポイントになります。単純に自分の肌質に合わせて選んだとしても成分ごとでの相性もあります。着色料などはスキンケアには必要ない成分で、肌に悪影響を与えてしまうことがあります。そのため余計な成分が配合されていない化粧水を選ぶのはもちろん、自分の肌にあった化粧水を選ぶ必要があるわけですね。

季節に合ったものを選ぶ

日本は春夏秋冬という明確な季節の移り変わりのある国です。季節ごとの特徴があり、その季節ごとで対処するべきことが異なってきます。例えば紫外線の強くなる夏は紫外線から肌を保護してくれる成分の配合されているものが良いですし、肌が乾燥しやすい冬の季節には保湿力の優れた化粧水を選ぶ必要があります。

apps配合のものを選ぶ

最近注目されているappsという成分があります。これはビタミンC誘導体と呼ばれる肌に優しい成分であるビタミンを肌の深層部分まで送り届ける働きをするもので、肌に良い影響を与えてくれると言われています。ビタミンC誘導体には様々なものがありますが、その中でもappsは特に高い効果がのぞめると注目されているものです。なので、化粧水を選ぶときはこのappsが配合されているものを選ぶようにしましょう。

メーカーで選ぶ

化粧水には国内のメーカーのものと海外のメーカーのものがあります。有名なメーカーだから良いというものではなく、大切なのは自分の肌との相性です。化粧水を使用していると必ず相性の良いメーカーが見つかるので、相性の良いメーカーの化粧水を選ぶようにするといいでしょう。

ビタミンCと誘導体の違い

女性

ビタミンC

ビタミンCはアスコルビン酸と呼ばれる身体に必要な成分の一つです。レモンなどに多く含まれている成分ですね。ビタミンCは美容にも良いと言われていて、サプリメントなどで摂取する人も多いです。しかし、ビタミンCは刺激が強いので、ビタミンCそのものを肌に直接塗ることはできません。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体はビタミンCそのものではなく、ビタミンCを肌の深層部分に送り届ける働きをするものです。元々は皮膚科や美容外科などの医療機関で使用されていたもので、高い美容効果が期待できるとして近年注目されている成分です。このビタミンC誘導体を配合した化粧水などのスキンケア商品も出てきています。

厚生労働省も認めた有効成分

ビタミンC誘導体は国の機関である厚生労働省も認めた、科学的根拠の確認されている有効成分です。20年以上も前から医療機関で使用されていたものなので当然と言えば当然ですね。ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすい上に効果の持続時間も長いので、よりビタミンCが肌に浸透しやすくなると言われています。

効果の高いビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体には水溶性のものと油溶性のもの、水溶性と油溶性両方の特徴を持ち合わせたものがあります。特に高い効果が期待できると言われているものが両方の特徴を持ち合わせたタイプのビタミンC誘導体です。この中でも特に注目されているのappsで、その他のビタミンC誘導体の100倍の浸透力を持っていると言われています。

広告募集中